広告

NPOクメール ボランティアさん 募集中♪

カンボジアでボランティアをして見ませんか? お申し込みフォーム

2010年6月8日火曜日

123図書館


  1995年に開館した「123図書館」は、蔵書5千冊以上、カンボジアで最も蔵書の多い図書館の一つです。日本語学習者には紙芝居、絵本や歴史の本、社会科や理科の資料集、図鑑等、在住邦人には文庫本に人気が有ります。

 書籍は勿論の事、資料の整理、修繕等に必要なシール、テープ等の御協力もお願い致します。

 尚、建設中の図書館には、オーディオコーナーも設置する予定です。日本の歌のカセットテープ、CD、映画やカラオケ、漢字学習等のDVDも御協力下さい。



 「123図書館」の主な利用者であるカンボジア人日本語学習者への便宜を考慮した独自の分類法が開発され、「物語の本は青印」と言った分かり易い配架が心掛けられております。「一二三日本語教室」の学習者への貸出しは無料です。絵本・言葉の本・図鑑・歴史漫画・社会科や理科の資料集・紙芝居等の利用が多く、日本語授業にも活用されております。123図書館は文庫本の在庫も多い為、カンボジア在住邦人にも利用されており、貸出しの際1冊に付き2千リエルのお預かり、返却の際千リエルのお返し、差額の千リエルは図書館の運営費の一部に充当させて頂いております。(千リエルは約30円)



 カンボジアは公共図書館はおろか書店も殆ど無いと言える状況です。公立学校の図書室と書かれた部屋の中は生徒貸出用の教科書のみという所も多いのです。お宅に眠っている書籍、辞書、教科書等、是非お送り下さい。又、図書資料の整理・修繕等に必要なシール、テープ゚等もご支援下さいませ。絵本は少しずつクメール語への翻訳作業を進めております。手段さえあれば移動図書館の構想もあります。



 クメールは年に3回「チュムリアップスオー」(初めまして)と称するニュースレターを発行し、4ヶ月間に起きた出来事、活動・ご支援の状況、今後の予定等を会員の皆様に定期的にお知らせ致します。現地の様子がより身近に感じて頂ける様、写真や学習者による日本語作文、川柳等も一緒にお送り致します。又、非会員のご協力者の皆様には活動年報をお送り致します。当会では、カンボジア人日本語学習者向けに教材等の翻訳作業を少しずつ進めております。「みんなの日本語初級Ⅰ」(日本語教材として最も広く使用されている教科書)の補助教材「語彙訳クメール語版」は一二三日本語教室が翻訳作業の委託を受けました。

0 件のコメント:


NPOクメールへの寄付は、下記のリンクからもできるようになりました。


日本語学習者のための支援


ご支援をどうぞ宜しくお願い致します。